ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

花のある暮らし

元々あまり花には興味が無く、特別な機会にもらった際に飾る程度。
切り花はすぐに枯れちゃうし、枯れ始めた後の見すぼらしい感じも好きでは無く。。。

が、先日スタヴァンゲルの義妹の家に行った際、リビング中が花や観葉植物で溢れていて、それがものすごく気持ち良く、ちょっと我が家でも花など飾ってみようかしら、と初めて自分で花を購入。



ピンクのガーベラ(小さいガーベラは次男が幼児教室で、薔薇は入学式で長男がもらったもの)。
a0329149_03291346.jpeg
とりあえず、買ったばかりなのでとても綺麗&気持ちがいいわ。




オスロでは、日本に比べると花屋が多いような気がします。
スーパーでも花束が売られているし、それだけ普段から花を飾る人が多いのかと。

私ももう少し見習って、花のある暮らしを続けられるといいなー。




春になって日も長くなり、色々とやる気に満ち溢れてきたw今日この頃。
ちょっとまたリフォームなどもする予定。

ようやくインテリアに気を配れるほど、生活に余裕が出てきた、というのもあるかな。
楽しみだわ♡










★ryoko★


[PR]
by pinsvin | 2016-04-09 20:30 | 生活 | Comments(0)

最後のスキー

イースター休暇明けから、オスロはパッとしない天気が続いております。
気温は上がり、休暇前は雪も結構残っていたけど、マドリード旅行から戻って来たら雪は完全に消えていました。

が、ゲレンデにはまだ雪が残っている。
というわけで、この週末が近所のゲレンデの今シーズン最後の営業日。
長男が行きたい、というので、これまで1度もゲレンデを滑る長男を見た事がない、ということもあり、私が連れて行きました。

生憎の雨だったけど、たくさんの人が雨にも負けず滑りに来てた!
私は立って見ているだけなので、風邪を引かない様に目一杯着込んで同伴。


今シーズン、週末に夫と行くだけでなく、毎週水曜には学童でもゲレンデに連れて行ってもらい、滑りまくっていた長男。
リフトも自分で軽々とつかみ股に挟んで、サーッと上って行く姿に感動。
a0329149_20384562.jpeg



そして、本当にものすごい上手に、滑り降りて来る!
だけでなく、途中に作ってある小さいジャンプ台でジャンプまでもする!!!
a0329149_20391607.jpeg
もう信じられない光景だったわー。
お母ちゃん、ビックリしっぱなし。笑。



一度、顔から派手に転んでしまい、ビックリして駆け寄ろうとした私を手で制止して、『ママ!痛くないから!大丈夫だから!!時々転ぶ事だってあるんだから!』と頼もしい発言にこれまたビックリ。
小さいゲレンデなので、滑っているのは大半が子供達だけど、その中では一際小さい体の長男。
もー、逞しい姿に泣けて来そうになったわ。見に行って本当に良かった!




最終日ということもあり、この日はリフト横のテントでホットドック&ハンバーガー&コーラ・ファンタを無料で振る舞っていて。
a0329149_20400645.jpeg
ただでさえワンシーズン200kr(約2600円)というボランティア同然の運営なのに、こんな大判振る舞い、有難いやら申し訳ないやら。
親子でしっかり頂きましたが。笑。
a0329149_20410498.jpeg






そして、最後には最終日のイベント、vannski kjøring(水上滑走)
ゲレンデの一番下の1ヶ所に水を張ったプールの様な場所を設置し、そこに向かって滑り降りるの!
そこで『ドボン!』とコントの様になるのかと思いきや、滑り降りる勢いで、水の上をそのまま滑って行くのには驚いた!
a0329149_20414456.jpeg
1人、スノーボードで挑戦した人もいたけど、サーフィンかのごとく滑って行ったわ。
長男もこれには大興奮で、『いつかやりたい!』とのこと。
もう少し大きくなってからかな!?






1年生になって、周りでは子供にスイミングやサッカー・バレエなどの習い事をさせている人も結構いるけど、このゲレンデ&学童のおかげで、長男はスキーやスケートをたくさん習うことが出来て本当に有難かった。

来年こそは私もチャレンジするぞ!











★ryoko★






[PR]
by pinsvin | 2016-04-04 12:00 | 子育て | Comments(0)

入学式

昨日は、長男のオスロ日本人補習校における入学式でした。
大使館から来賓を招いての、大々的な入学式。
在校生からの迎えの言葉や首飾り&花束の贈呈などもあり、立派な式に感動。
a0329149_17281595.jpeg
肝心の新入生達は、かなり緊張感の無い感じwで、式中は次から次へと行われるセレモニーの中、ポケーっとしてて可愛かった。笑。



ちなみに、、幼児教室は保護者による運営で成り立っている組織なのに対し、補習校は駐在員の子供達が日本に戻った時に問題の無い学力を維持出来ることを目的に作られた公的組織なので、誰でも入れるわけではなく。
幼児教室の年長さんの時に、体験入学という名目で1年生の授業に参加し、その間に先生達が補習校入学相当の日本語力が備わっているか否かの判断をします。
その結果で入学できるかどうかが決まるので、長男の学年も最大で16人ぐらい在籍していた時もあったけど、今年の新1年生は9人とかなり減ってしまいました。

あくまでも補習校は、『日本語を学ぶ場所』ではなく、『日本語で学習する場所』である、ということを式後のガイダンス時にも先生が語っておられました。



補習校で学ぶのは国語と算数。
始業式の後にも早速授業があり、宿題も出ました!
週に1度の限られた時間で日本の子供達と同じスピードで学習が進むので、宿題の量も多いし授業のペースも非常に早く、家庭でのフォローアップが非常に重要になってくるとのこと。

子供チャレンジをやっているおかげで、長男は現時点では平仮名・カタカナの読み書きは出来るし何の問題も無いけれど、漢字が始まったらどうなるか。。。
今からドキドキだわ。



入学式では教科書・ノートも配布されました。
後日、副教材のワークブックももらえるみたい。
a0329149_17293475.jpeg



とりあえずは、初日の授業はとても楽しかったようで一安心。
宿題も、自分から『早くやりたい!』と取り出して、サッサと取り組んでおりました。


ノルウェーの小学校に入学した時と違い、日本の小学校に入学した今、『ついに来たな・・・』という思い。
親子共に負担になりすぎず、楽しみながら日本語を学べていければいいな。

頑張れ、長男!










★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2016-04-03 10:29 | 子育て | Comments(0)