ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

クラクフ旅行記5 2日目食事編

ポーランド料理は1日目に十分堪能したwので、2日目のランチは友達の同僚が勧めてくれたイタリアンのMamma Miaへ。
シンドラーの工場からトラムですぐ近くまで行けたので便利でした。
こちらも人気店の様で、たくさんの人で賑わっていました。内装もお洒落で居心地良し。


ナポリピザとレモネード。これで31PLN(約870円)とやはり安い!
a0329149_04354249.jpeg
ピザも友達が頼んだパスタも本当に美味しかったし、ここは超お勧め!!




アウシュビッツ組と遭遇したカフェは、Karmelloのすぐ近くにあるケーキ屋さん。
ポーランドのケーキがショーケースに並んでいるのが見えたので、それ目当てで。
カットケーキ1個が9.5PLN!(約270円)
a0329149_04363354.jpeg



アップルパイを頼んだけど、甘さ控えめで凄く美味しかった!
日本人が好きな味だと思う。コーヒーはかなり濃い。
ホテルのコーヒーも濃かったから、これがポーランド標準なのかも?
a0329149_04370120.jpeg





そして最後の晩餐のディナーはホテルのレストラン、Trzy Rybkiで。
a0329149_16474099.png
ミシュランガイドにも載っている高級レストラン。ホテル宿泊客は10%OFFになります。
予め、6-course tasting menuという6皿のコース料理を頼んでおきました。





以下、ザッとお料理を。
a0329149_16490304.png
アミューズはマシュマロにヘーゼルナッツをまぶしたもの。
ふわふわで美味しいパンはホイップバターと一緒にサーブ。
スターターは皆はニシンのマリネだったけど、私はホワイトアスパラ。
そう、甲殻類アレルギーとハッキリ書いたのに、シーフード全般と勘違いされたの!
やっと始まった1皿目はフォアグラのテリーヌ。




a0329149_16501567.png
2皿目も、勘違いされたまま皆は帆立のところ、私はビーツのサラダ…。ここでようやくハッキリ訂正しときました。
3皿目はカボチャのスープ。添えられた牛肉が柔らかくてとても美味。
4皿目は鱈のソテー、ミントソース。
そしてお口直しのブラッドオレンジのアイス。




a0329149_16525447.png
5皿目が牛肉のステーキ。柔らかくて凄く美味しかった!
そしてプレデザートのマンゴーのアイス。
6皿目のメインのデザートはミルクアイス&ババロアetc。これ、ものすごく美味しかった!
最後のプティフールはクッキーをラム酒に浸したような物。これは口に合わず。




お料理はどれも美味しかったし、サーブのテンポも良かったけど、アレルギーを間違われたのが私的には超マイナス。
あと、ワインを1本勝手に開けられたり、10%OFFを忘れられたりと結構抜けてたなー。
1本220PLNのワインを勝手に1本追加されたこともあり、10%OFFでも356PLN(約1万円)と、これまでの食事に払ってきた相場の約10倍!

それでもこの内容で考えたら十分安いんだけどね。
客層はどう見ても富裕層の人ばかりだったから、恐らくここでは超高級レストランなのかな。






街中も、カフェやレストランが至る所にあるし、基本的にどこもとても安いので、クラクフでは食も存分に楽しめると思います。


次は最後、買い物&免税編に続きます。












★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2016-03-02 08:53 | 旅行 | Comments(2)

クラクフ旅行記4 2日目観光編

2日目はアウシュビッツ組と街組の2グループに分かれて行動。
街組の私と友達はゆっくり起きてゆっくり朝食を食べ、10時前からようやく始動。


まずは、もう1軒の老舗ショコラティエ、E. Wedelで量り売りのプラリネを購入。
こちらの方がKarmelloよりも高価。それでももちろん安いんだけど。もうチョコ買い過ぎ。笑。
a0329149_21275969.png


その後は、もう1人の友達が行きたいと言ったシンドラーの工場まで少し遠出。
多分、歩いてもそんなにかからないんだろうけど、トラムに乗って行きました。
券売機の使い方がイマイチ分からなかったので、停留所にあるキオスクでチケット購入。
20分有効のチケットが2,8PLNと激安!
a0329149_21291645.png


近代的な車両のトラム。オスロのより全然綺麗。
停車駅も電光掲示板に表示されるので、安心簡単に移動できました。
a0329149_21302647.png


停留所からシンドラーの工場までは歩いて8分ほど。
非常に心許ないw案内板が出ているので、それに従って行くと着きます。
a0329149_21315024.png

着いたら意外にもたくさんの人。
隣にあるクラクフ現代美術館のチケットとセットで24PLNだったので、せっかくだしとそちらを購入。
工場の方は人数規制をしていて、チケットに入場できる時間が書いてあります。
a0329149_21325659.jpeg





あと30分ぐらいあったので、先に現代美術館へ。
a0329149_03334806.png


サクッと展示を見てからシンドラーの工場へ。
入場の際に、チケットの確認なども無かったので、時間は厳密に守らなくても入れるっぽい。
通路が狭いところが多かったので入場規制をしているのかな。
階段を上ったり下りたり、なかなか広い博物館。
ナチス占領下のクラクフを時代ごとに追える展示で、見応えタップリでした。ここは行って良かった!


a0329149_03345099.jpeg
シンドラーが救った人々の写真





博物館の後は街に戻り、ランチ。そして街を散策。
1日目はかなりサクっと周っただけだったので、よくよく見たら可愛いお店やカフェがたくさんありました。

a0329149_03355501.png
高級食材店のKREDENS




休憩していたカフェで、戻って来たアウシュビッツ組と偶然遭遇!
アウシュビッツのツアーは、起きた事を淡々と説明する感じで、目を背けたくなるような写真や感情的な表現はほとんど無く、思ったよりは精神的ダメージは少なかったそう。
ヴィエリチカ岩塩坑も絶対行きたいし、5年後ぐらいかな?また来よう!



その後、私と友達2人でホテルのスパにてマッサージを受け、最後の晩餐となりました。






次は2日目食事編へと続きます。













★ryoko★






[PR]
by pinsvin | 2016-03-01 19:36 | 旅行 | Comments(0)

ついに抜けた~!

旅行記の途中ですが、、、長男6歳4ヶ月。

昨日、ついに、ようやく、やっと、最初の乳歯が抜けました~!!!v(^O^)v


同学年で早い子では1年以上前から抜けている子もいたし、今現在では4本抜けている子はザラにいる。
そんな中、一向に抜ける気配が無いので、いつかな?いつかな?と親子共々ワクワクして待っていました。笑。



下の前歯の1本が何となく動くことに気付いたのが2月14日。
本人もまだ気付いていなかったのを私が歯磨き時に発見して、2人で大興奮。
でも、そこからが結構長くて。

どんどん大きく動くようになっていったんだけど、なかなか抜けない。
かといって、無理矢理抜いてトラウマになるのも可哀想だし、私自身、歯が抜ける時のドキドキ感を今でもよく覚えているので(結構苦手だった)、自然に抜けるまで放っておこうと。

そしたら昨日迎えに行ったら歯が抜けてた!笑。
学童でおやつを食べていた時に、ポロッと落ちたみたい。
痛くも何ともなかったみたいで、良かったわー(^^)
肝心の歯は、ペーパータオルに大事に包んでリュックにしまってありました。


そう、ノルウェーでは抜けた乳歯を水の入ったコップに入れておくと、Tannfeen(歯の妖精)がやってきてお金と変えていく、と言われていて、長男はそれをずっと楽しみにしていたの。

そして一晩経ち、、、ちゃーんと長男のところにもTannfeenがやってきてくれました。

a0329149_16431231.jpeg
それはもう大喜び。笑。






私があげた豚の貯金箱に大切に貯金。
a0329149_16435916.jpeg
これ、割らないと出せないタイプの貯金箱なので、本気の貯金だわ。
全部生え変わったら割るのかな?




やっと最初の乳歯が抜けたと思ったら、その隣の前歯もグラついているので、2本目が抜けるのもそう遠くはなさそう。
またひとつ、大人になった長男でした^_^















★ryoko★






[PR]
by pinsvin | 2016-03-01 08:44 | 子育て | Comments(0)

クラクフ旅行記3 1日目食事編

今回、クラクフを旅行するにあたり地球の歩き方を買ったものの、クラクフの情報はかなり少なく、レストランなんかも怪しそうwだったので、自分で色々リサーチしてから行きました。
あとは友達の1人がクラクフ在住の同僚に聞いてくれて、いくつかお勧めレストランを紹介してもらったので、それらをまとめて簡単な冊子を作成。
我ながらかなり役に立った~(^O^)



遅めのランチには、事前リサーチで見つけたモダンでお洒落な大衆食堂、Smakołykiへ。
a0329149_03424457.jpeg
特徴としては、なんといっても安い。そしてポーランド料理を食べられるということ。
やはりその安さからか、13時過ぎでもかなり混み合っていたけど、奥の方に広がる大きな店内だったので、無事座る事ができました。




ほとんどのメニューが6~12PLN(約170~340円)と、本当に安い!
a0329149_03432523.jpeg

私はお肉とお米の入ったロールキャベツ、マッシュルームソースをチョイス。
a0329149_03440407.jpeg
かなり大きくてボリュームがあるんだけど、これで10PLN(約280円)!

混み合っていたせいで料理が出てくるのに時間がかかった点を除けば、味も良かったし文句無しにお勧め!






その後のティータイムでは、ホットチョコレートが有名なようなので是非飲んでみたいと、友達の同僚が勧めてくれたカフェ、Nowa Prowincja へ。
a0329149_03453423.jpeg


ホットチョコレートの普通サイズが8PLN。
スモールだと5PLNなので、相当濃厚だしスモールサイズで十分かも。
a0329149_03493930.jpeg
私は生クリーム乗せ(10PLN)にしたけど、生クリームで更に重くなるかと思いきや、牛乳を入れたみたいに少し濃度を下げ味もマイルドにしてくれたので、これで大正解。
ホットチョコレート単体だと、ものすごい濃度だった。笑。







夕食は、これまた友達の同僚が勧めてくれたポーランド料理レストランのU Babci Malinyへ。
ここ、事前に調べてないと絶対に辿り着けないと思う。。
通りから一旦他の建物に入り、それを出た中庭の様な場所から地下へ入ります。
強烈な看板がこれまた。。笑。
a0329149_03502366.jpeg
あんな変な場所にあるにも関わらず、ほぼ満席だったので有名なんだねきっと(と思って、今になって調べたら結構ガイドブックに載ってるみたい!観光名所だったわけねー)。


料理はカウンターで注文するセルフサービスのレストラン。レシートに番号が書いてあって、掲示板に表示されたら受け取りに行くシステム。
これまたビックリするぐらい安かったので、どうやらここも大衆食堂の模様。


ポーランド名物のスープ、発酵麦で作るジュレック(すごく美味しかった!)と揚げたピエロギ、ビールのSサイズ(でも信じられないぐらいにデカかった)で30PLN(約850円)!
a0329149_16092916.png
ノルウェーだったらビール1杯も買えるかどうか、って値段でこれだけの食事が頂けるなんて!



全員それぞれ別の料理を頼んでシェア。
a0329149_16100241.jpeg
どれも美味しかった。が、重い…。非常に重い…(-_-;)
そしてどれも結構塩気が強い。

帰りがけにはスーパーに寄って、人参スティックやミニトマトを買ってホテルに戻りました。笑。






次は2日目観光編に続きます。














★ryoko★




[PR]
by pinsvin | 2016-03-01 08:11 | 旅行 | Comments(0)