ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

カテゴリ:旅行( 96 )

スイス研修旅行記8 復路&お土産編

最終日はチューリッヒ20時半発のフライトに乗るため、バーゼルからチューリッヒまでまずは電車移動。
a0329149_16445561.jpg
バーゼル中央駅から直接チューリッヒ空港に行く電車に乗ったものの、まさかのシステムトラブルでチューリッヒ中央駅で30分停車…
つくづく、トラブルに見舞われるな今回の旅行(- - ;)
停車中、何のアナウンスも無くヤキモキしたけど(あってもドイツ語分かんないけどw)、無事チューリッヒ空港に到着。



チューリッヒ空港は広くて綺麗。
が、子供らのお土産は空港で買えばいいかなと思ってたのに、ハイブランドショップしか見かけず…
キオスクで牛のベルとか売ってたけど、どれも本当に高い!!
というわけで、念のためにVitraのショップで買っておいたこちらの駒がお土産となりました(^^;)
a0329149_16454083.jpg



あまり時間も無かったので、ディナーは空港でビュッフェ。まぁ普通。
a0329149_16463780.png



今回は自由時間がほぼ無かったので、買おうと思っていたのはスイスのチョコレートブランド、Sprüngliのチョコ&マカロンのみ。
こちら空港店。
a0329149_16472140.jpg



バーゼル中央駅にもお店があったので、そこでマカロンとフィナンシェ、トリュフを購入。
高いのでやめたオランジェット、散々悩んで空港で結局購入。
a0329149_16481870.jpg
ミニサイズのマカロンは量り売り。マカロン17個で17,9フラン(約2,000円)、フィナンシェ4個で5,2フラン(約600円)、トリュフ1箱で21,8フラン(約2,500円)!トリュフなんて値段も見ずに買ったけど、めっちゃ高いんですが…
オランジェットもこのサイズで22.45スイスフラン=約2,600円!



a0329149_16485417.jpg

a0329149_16491898.jpg
どれも美味しかったけど感動するほどでも無い。
その場ではあんま考えてる暇無かったので、適当に買ったけど、この値段は無いわー
スイスと言えばのTobleroneも、オスロ空港の方が安かったし。笑。





そんなこんなで、後は最初に書いた通りコペンハーゲン→オスロのフライトが1時間遅れ、深夜の帰宅となりました。
3泊4日だったけど、凄く長く感じた旅行だった!



Therme Valsの印象が本当に強く残ってて、いつか絶対また行きたい!
子供達も、『スイスのお風呂やさん』に興味津々(^_-)
でも物価が…

てな感じですかね。笑。












★ryoko★



[PR]
by pinsvin | 2017-09-22 10:50 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記7 Vitra Design Museum編

最終日の日曜は、国境を越えてドイツ領内のWeil am RheinにあるVitra Design Museumへ。
今回の旅行ではただバスに座ってるだけだったから、地図を見ることもほぼ無く、バーゼルが国境に隣接しているのも知らんかった!(汗)

観光バスでの旅は前日で終了したので、この日は自力で博物館へと向かいます。
そこでふと思った。

『行き方、ちゃんと調べてるんだろうか…』

毎度、我が社の研修旅行では、行き方はその場で考える、という行き当たりばったりなことが多いので(汗)
少し調べたら、博物館へは55番バスで行くのが唯一の方法で、これだと博物館前のバス停で下車できる。
が、このバス、日曜は1時間に1本しかない!
プログラムに書いてあるホテル出発時間は9時。そこからバス停までは歩いて15分ほど。
そしてバスの発車時刻は9時15分!!!!

間に合うんかいな(- -;)


案の定、誰1人として行き方を調べておらず、9時の時点で全員集まっていなかったけど、事情を説明して急いで出発。
私と旅行担当のパートナーが先頭に立ちマッハで歩くも、その他の人々はのらりくらり…
とにかくバスを捕まえて、何とか待ってもらえばいいじゃん、と話すも諦めかける人々。
私はどうしても諦められず、最後はダッシュしたらバスがまだ止まってて!
運転手さんに話して数分待ってもらい、同僚達もここでようやく走ってきて、無事乗れたとさ(^^;)
みんなにめっちゃ感謝されたわー。ていうか、ほんともっと調べてよ…(汗)




前置きが長くなりましたが。

バスは国境を越えるので、ホテルでもらったMobility ticketが使えるのは国境まで。
でも、ここから博物館までの差額分1€を払うだけで良かった。帰りも同様。
55番バス始発駅から乗って約20分で着くので、タクシーでも全然良いかと。

バス停の椅子もイームズのデザインでテンション上がる↑
a0329149_19213753.jpg


博物館は、Vitraの工場敷地内にあり、多くの著名建築家がデザインした建物が点在しています。
その大半がガイドツアーでしか見学できないため、帰りのバス時刻に合う時間帯でツアーを予約。
ちなみに所要時間2時間!すんごい天気が良くて汗ばむほどだった。外を歩き回るので雨じゃなかったのは有難い。


ツアーが始まるまでは、Herzog & de Meuron設計のVitraHausにある展示やショップ、カフェで時間潰し。
a0329149_19222242.jpg

HdMらしからぬ設計だけど、中に入って納得。
家具を展示するために、いくつもの部屋/リビングを用意する必要があり、半ば必然的にこのような設計になったのかと。
a0329149_19235036.jpg

a0329149_19253133.jpg

a0329149_19260874.jpg


カフェで食べたフロランタン、すごく美味しかった!
ドイツならではの美味しそうなプレッツェルもありました。
a0329149_19484549.png




以下、ツアーで周った建築達。ガイド自体が激しく微妙だったけど、、Zahaや安藤忠雄の建築内部を見学できたのは良かった!
Buckminster FullerのDomeと、Jean ProuvéのPetrol station。
a0329149_19265497.jpg



Álvaro SizaのFactory Building。工場の入り口にかかる雨よけは、後ろにあるZahaの消防署を遮らないように設計されたんだとか。
a0329149_19291198.jpg



Zaha HadidのFire Station。
a0329149_19302187.jpg

a0329149_19575637.jpg


SANAAのFactory Building。
a0329149_19313743.jpg
高さ11m、幅1.8mのアクリルガラスで作られたファサード、このプレートを周囲に貼るためだけに3年かかったそう!
費用よりも何よりもデザインを追及・優先する姿勢がよく伝わった。
ファサード研究中↓
a0329149_19321374.jpg



Frank O. GehryのFactory Building。
もうこれは本当に駄作。エントランスだけ飾りのような造形があって、それ以外はどシンプルなただの箱…
a0329149_19330761.jpg


同じくGehryのVitra Design Museum。こちら改修中で入れず。
超初期の作品だから、こちらも彼にしてはとてもシンプル。
a0329149_19355429.jpg



最後は安藤忠雄のConference Pavilionでお口直し。笑。
Gehryがただ自分の建築前に広大な敷地が欲しいという理由だけで桜の木を50本伐採!したのに対し、安藤さんは桜の木を出来る限り残すように建物を設計。
建築家でこうも変わるのかと…
海外初作品らしいけど、素敵でした。

a0329149_19381058.jpg

a0329149_19391507.jpg

a0329149_19400221.jpg



ツアー終了時間がバスの時間の15分前だったので、この日のランチもカフェで注文したバゲットサンド…
もうバゲットはしばらく食べたくない!笑。
a0329149_19403144.jpg
a0329149_19555669.jpg







帰りはちゃんとバスに間に合いw、バーゼルに戻ってすぐに大雨に。
Kunstmuseumを見て研修プログラム終了。電車でチューリッヒ空港へと向かいました。
a0329149_19502195.jpg




次は最後、復路&お土産編に続きます。












★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-09-21 12:58 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記6 バーゼル・ホテル編

最後の宿泊先は、バーゼル。
泊まったのは、1年前に出来たばかりの4ッ星のデザインホテル・Nomad
このホテルも素敵かつ居心地良かった~
立地も中央駅まで徒歩10分程度と良さそう(ほぼ歩いてないのでね…汗)。
a0329149_22420349.jpg

a0329149_22424380.jpg



この写真では伝わらないけど、かなり広い部屋だった!
写真に写っているソファ&机の他に、オットマン付きのリクライニングチェアや棚・収納もたっぷり。
a0329149_22431513.jpg


トイレとシャワーが別部屋だったのもポイント高し。
a0329149_22435782.png



アメニティはロクシタン。
ミニサイズではなく通常のボトルだったのも嬉しかった。
a0329149_22443982.png


廊下には飲料水や果物をピックアップできるミニキッチンも。
a0329149_22462670.jpg



チェックインの時に、ルームキーと一緒にもらったこちらのMobility ticket。市内の公共交通機関が全て乗り放題。最長30日間利用可能。これ、なんとバーゼルの全てのホテルにて宿泊者に提供されるらしい!これは嬉しいサービスだわ。
a0329149_22470502.jpg



レセプション隣にあるレストランにて、夕食と朝食を頂きました。
ディナーは3皿コース。メインは見た目的にノルウェー料理か!?と思ったけどw、どれも凄く美味しかった。
でも1度ぐらい、伝統的なスイス料理食べたかったな…
a0329149_22482400.jpg

a0329149_22491694.jpg

a0329149_22500377.jpg




朝食もお洒落かつ品揃え豊富で◎
a0329149_22505570.jpg

a0329149_22513227.jpg

a0329149_22520512.jpg

a0329149_22544816.jpg

a0329149_22533337.jpg

a0329149_15122479.jpg
写真に写っている、グラスジャーに入っているピンク色のはフムス。
7132Hotelの朝食にもフムスがあったけど、スイスでよく食べられるのかな??





総合的に、今回の研修旅行で泊まったホテルは大満足。
ただ、写真からお気付きの方もいるかもしれませんが、、、7132Hotel、Nomad共にダブルベッドだったorz
同僚とルームシェアだというのに!

もちろん会社はツインで希望を出したけど、どうやら両ホテルとも、そもそもツインルームが無いみたい。
ヨーロッパだと結構そういうホテル見かけるけど、一緒に泊まる人は必ずしもいつも恋人や家族という訳では無いのに!!!
(ちなみに、ダブルベッドかもしれないという告知を受けたのは出発2日前。酷い…)

まぁ、疲れてたからよく寝れたけど、1度は悪夢見たわ。笑。
今回はスイスで物価高なこともあり、シングルルームに泊まりたい場合に払わないといけない差額は3,000kr(約4万2千円)だったのでやめたけど、これからはとにかくシングルにしようかな…(^^;)





次はVitra Design Museum編に続きます。










★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-09-21 08:12 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記5 Vals→Basel編

後ろ髪引かれる思いでValsを後にし、土曜はバーゼルへとバスで向かいます。
途中立ち寄ったプロジェクトが3つ。

1つ目が、これまたズントー設計の聖ベネディクト教会。
山の上にあり、行けるところまでバスで行って残りは徒歩で10分ほど。
公共交通機関で行く場合は、最寄駅から1時間程の山登りらしいので、これまた研修旅行で来れて良かった…。
教会ももちろん、周囲の景色も素晴らしかった。天気も良く、空気も綺麗で本当に気持ちの良い一時でした。
a0329149_03025943.jpg


a0329149_03033180.jpg


a0329149_03043388.jpg

a0329149_03060274.jpg



この日のランチもバスの中。
7132Hotelで予約したランチバッグ。
美味しかったけど2日続きでバゲットサンド。。。
a0329149_03081033.jpg


次に訪れたのも教会。Heiligkreuzkirche。ここはあまり好みではなく…
a0329149_03090081.jpg



最後もズントー。ローマ遺跡発掘シェルター。
a0329149_03094183.jpg

a0329149_03102162.jpg

a0329149_03105163.jpg



これで全てが終わりかと思いきや、突如連れてこられたのがGiger Bar!
a0329149_03111672.jpg
映画『エイリアン』のデザインを手掛けた、H.R. Gigerのバーで、これがもう趣味の悪いこと!笑。

a0329149_03114893.jpg

a0329149_03121239.jpg

a0329149_03130641.jpg
あまりの居心地の悪さに、頼んだカフェラテは数口しか入らず…
過去、東京にもあったらしいけど、数年で閉店。うん、よく分かる。笑。





せっかく、素晴らしいズントーのスパと建築で癒されたのに、思いっきりぶち壊されたわ…(- - ;)
その後、2時間のドライブを経て、18時半頃にバーゼルのホテルへと着きました。


次はバーゼル ホテル編へと続きます。











★ryoko★


[PR]
by pinsvin | 2017-09-20 07:13 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記4 7132Hotel 食事編

7132Hotelでは、夕食と朝食を頂きました。
金曜夜のディナーは、21時からイタリアンレストランのdaPapaにて。
ホテルのレストランだけど、駐車場横に位置していて一旦外に出る必要があるので上着は必須。
a0329149_19311988.jpg


こちらでは、ハム盛り合わせと、ピザ数種類を頂きました。
a0329149_19334250.jpg


a0329149_19343261.jpg
ハムも美味しかったけど、ピザは感動の美味しさ!ナポリで食べたピザと同じぐらい美味しかったー!




そしてお楽しみの朝食。
夜はバーとなる朝食会場のレストラン。
a0329149_19352899.jpg



ここで頂く朝食のレベルの高かったこと!
バラエティも豊富だし、何から何まで本当に美味しくて。
チーズやバターはもちろんのこと、パンやスイーツ、野菜に果物、どれも美味しかった!

卵料理はメニューからオーダー出来るので、私はオムレツ with Everything!笑。
ホテルのオムレツで美味しかったの、過去に1度ぐらいしかないけど、ここのは絶品。
a0329149_19380704.jpg

a0329149_19391092.jpg






以下、ざっと写真を。
色んな意味で、また絶対来たい~!!!
a0329149_19415390.jpg

a0329149_19424041.jpg

a0329149_19500060.jpg

a0329149_19560637.jpg

a0329149_19530581.jpg

a0329149_19510764.jpg

a0329149_19514764.jpg

a0329149_19541765.jpg

a0329149_19550921.jpg




次はVals→Basel編に続きます。












★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-09-19 13:56 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記3 Therme Vals&7132Hotel

金曜の夕方、予定より1時間早く18時に到着したのが、何よりも楽しみだったピーター・ズントー設計のスパ(温泉!)・Therme Valsがある5ッ星ホテル、7132Hotel

ズントーのスパで世界的に注目されるようになった谷あいの秘境Vals。
人口1000人の小さな村で、建築を愛する人々が集まるメッカ。建築家でなくとも多くの人が1度は行ってみたいと憧れる場所。
夫もずっと行きたかったらしく、私が行くと聞いた時は羨ましくて死にそうになってたわ。笑。

行くのが本当に大変な場所にあるので、研修旅行で行けたのは有難い。
ただ、山道は狭いわ断崖絶壁だわで、巨大な観光バスで行くのは生きた心地がしなかったけれども(^^;)
自力で行こうと思うと、レンタカーか電車&バスを乗り継いで、、となるので、本当にここに来たい人しか来ない場所。
にも関わらず多くの人で賑わっていたので、いかに人気スポットかがよく分かる。

ホテルの入り口~エントランス~ロビー。どこもかしこも絵になる素敵な空間。
a0329149_15584560.jpg

a0329149_15594126.jpg

a0329149_16001683.jpg

a0329149_16010535.jpg

ホテルは複数の棟から成り立っていて、私達が宿泊したのは4人の建築家が客室デザインを手掛けたHouse of Architects。
私が泊まったのは安藤忠雄デザインの部屋!
a0329149_16015098.jpg



部屋からの眺め。向こうの山にいた羊達に癒された~
a0329149_16030713.jpg



探すのが大変だった収納。ひたすら触ってるといつか見つかるはず。笑。
a0329149_16042317.jpg


刷りガラスのバスルームは、中にあるボタンを押せば透明ガラスに変わるの!
a0329149_16053197.jpg
恐らく、景色を眺めながらシャワーが出来るようにと考えられたのかと。
私は同僚とルームシェアしたので、もちろん刷りガラスのまま使用しましたが。笑。




ボトルスパークリングウォーターとケーキのサービス。
a0329149_16062084.jpg


アメニティはオーガニックブランドのAESOP。
a0329149_16073938.jpg



ディナーは21時からだったので、ディナー前に早速スパへと向かいました。
こちらのリストバンド、スパの入場だけでなく部屋の鍵にもなる優れもの。
a0329149_16092074.jpg
部屋で水着に着替え、バスローブを羽織ってそのままスパへと行きます。




各棟はブリッジで繋がれていて、期待大でスパへ。
a0329149_16104630.jpg
入り口でタオルを受け取り、いざ入場!
中のロッカー鍵はビジター訪問の人しか使えないようなので、宿泊者は貴重品は全て部屋に置いていくことをお勧めします。




中は撮影禁止なので、以下、ネットより拝借。
ピーター・ズントーの最高傑作のひとつとも言われ、この地域で採掘された60000を超える石スラブを積み重ねつくられたスパ。
20年以上前に建設されたとはとても思えないほど、モダンで綺麗で清潔で神秘的。
雄大な大自然に囲まれた屋外スパはもちろん、屋内の様々な種類の温泉も、どこもかしこも素敵すぎて、一緒にいたのが同僚であっても(失礼w)癒された!

屋内の温泉は洞窟のような小さい部屋がいくつもあって、それぞれコンセプトが違います。
花びらが入っている温泉や、42℃、34℃、14℃と温度が違ったり。日本人的には42℃の温泉が最高だった!(他の人々は顔をしかめてましたがw)
井戸のような場所で温泉を飲むことが出来る部屋も!
a0329149_15482175.jpg

a0329149_15482002.jpg

a0329149_15482131.jpg

a0329149_15481969.jpg

a0329149_15504746.jpg



1時間以上ゆっくり過ごしてから夕飯へ(これは次記事で)。
そして、宿泊者限定のナイトスパ(23時~1時)ももちろん行きました。
この時間帯はスパ内における会話は一切禁止。
静寂の中で神秘的な時間を過ごすことが出来ます。あいにく霧&小雨で輝く星空は見えなかったけど、それでも十分素敵でした。




唯一の心残りは予約がいっぱいでマッサージを受けられなかったことだけど、夫が絶対に行くと言い張っているので、またいつか来れるかな?
本当に、本当にお勧めです!!!!

次はHotel7132 食事編に続きます。












★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-09-19 09:12 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記2 Zürich → Chäserrugg

2日目、、というかほぼ初日の金曜は観光バスを貸し切って、まずはチューリッヒの2つのプロジェクト見学。
予報ではずっと雨だったのに、凄くいい天気で窓からの眺めも最高。
a0329149_14364635.jpg
街自体はほぼ見れてないけど、綺麗で清潔で洗練された印象。またゆっくり来てみたい。



丸二日間貸し切ったバスは、乗り心地もよくコーヒーマシーンまで付いてて快適♪
おかげで長距離移動も乗り切れました。
a0329149_14351625.jpg

a0329149_14355743.jpg


まずは再開発エリアにある、牛乳工場をリノベしたTONI-AREALへ。
a0329149_14372516.jpg




その後は、皆が大好き坂茂のオフィスビル、Tamedia Office Buildingへ。
a0329149_14381438.jpg

同僚の1人は坂茂が好きすぎて、歌まで作ってバスの中でノリノリで歌ってたw
こちら、世界初の木造ビル。本当に綺麗で精密で、坂茂デザインの家具も素敵だった!
a0329149_14394173.jpg

a0329149_14403703.jpg
建築のプロセスを説明してくれたオフィス担当者がこれまた素晴らしくて。
ユーモアと皮肉たっぷりの話に皆笑いながら聞き入っていました。おかげで凄く印象に残ったようで、最終日のディナーでもひたすらこの建築について語り合ってた。




チューリッヒを後にしたら、ここからは2時間バスで移動。
ランチは予めホテル近くで予約&ピックアップしておいたサンドイッチセットをバス内で。ちなみにこれ、第一昼ごはん。笑。
a0329149_14420213.jpg




2時間の移動の後、着いたのがChäserrugg。
a0329149_14424514.jpg

ここから、ケーブルカーとゴンドラを乗り継いで、標高2262mの頂上へと向かいます。
頂上は既に新雪が積もっているので、皆しっかり着込んで出発!
ちなみに、ケーブルカー&ゴンドラの往復チケット、1人約7000円程かかったんだとか!

a0329149_14441612.jpg

a0329149_14445880.jpg


ゴンドラの途中から濃霧に突入。
a0329149_14460736.jpg



頂上、ほぼ何も見えず。笑。
a0329149_14472199.jpg


Herzog & de Meuron設計のゴンドラ乗り場+レストラン。
a0329149_14481824.jpg


天気が良ければこんな感じみたい。
a0329149_14531367.jpg


素敵な内部空間。
a0329149_14491978.jpg

a0329149_14495926.jpg


こちらのレストランにて、第二昼ごはんを頂きました。笑。
ひたすら座ってるか食べてるか、で一体どれだけ身についたのか…(^^;)

私が頂いたのはマッシュルームスープwith温泉卵!。凄く美味しかった!
寒かったから温かい食事は嬉しかった~
a0329149_14505703.jpg





霧のせいで散策も出来なかったので、予定より1時間早めに切り上げて、研修旅行のハイライト、Therme Valsへと向かいました。
というわけで、次はTherme Vals&7132Hotel編へ続きます。













★ryoko★



[PR]
by pinsvin | 2017-09-19 07:51 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記1 往路&チューリッヒホテル編

本題に入る前に…。
昨日は、朝7時頃からヨーロッパの広範囲でOutlook/Hotmailがダウン!
私は正午ぐらいから送受信出来なくなり、調べても何の情報も出て来ず相当焦った!
結局、夕方ぐらいに状況が掴めるようになり、最終的に復旧したのが昨夜22時頃。
こんなの初めてだから凄い焦ったわー。無事復旧して良かったけど、二度と起きてほしくないわ。ビックリした!

・・・

さてさて。
職場からスタートした研修旅行1日目、SASストライキのせいで本当に、本当に果てしなく長い道のりとなりました。

木曜は12時に職場を出てトラムに乗りオスロ中央駅へ。
そこから電車でヨーテボリまで3時間50分。快適な電車ではあったものの、長時間座ってるのは疲れたわー
ヨーテボリ中央駅からは空港バスに乗り換え、そして30分後にようやく空港到着。この時点で既に17時半。
もう目的地に着いた気分だったけど、まだ飛行機に乗ってすらいないって言うね…(- - ;)

急遽フライトを予約し直したため、往路は全員預け荷物無しのフライト。
私は元々、手荷物だけで行く予定だったけど、皆はパッキングし直さなければならず大変だったみたい。
でもおかげでスムーズにセキュリティチェックを終え、やっとこさ夕飯。

空港のレストランでパスタ。可も無く不可も無く。
a0329149_17421561.jpg

そしてやっとフライトと思いきや、全てのフライトの発着共にバス移動…(- -;)
一体、この1日で何種類の乗り物に乗ったんだか。

ベルリンでの乗り継ぎ時間が少なかったため、皆で競歩移動したにも関わらず、ベルリン→チューリッヒへのフライトが40分遅れ(T_T)
チューリッヒに着いたのは23時半!
全員疲れ果てていたので、タクシーでホテルへと向かいました。

ほぼ座っていただけだけど、そしてほぼ全ての乗り物で爆睡したけど、本当に本当に疲れた!




翌朝は8時半ホテル発だったので、この日のホテルは本当に寝ただけw
ホテル編と書きつつも、ほぼ何も述べることは無い。笑。
泊まったのは3ッ星ホテルのHotel Altstadt
路地を入ったところにあるので、少し見つけにくいかも。タクシー乗って良かった。
a0329149_17465252.jpg


部屋もバスルームも清潔ですっきりした内装だけど、非常にコンパクト。
1泊で十分だわ…
a0329149_17493592.jpg

a0329149_17501418.jpg
朝食は写真すらないけど、パンにハム・チーズ・ヨーグルト程度の非情に質素な内容でした。
というわけで、特にお勧めしません。笑。






次はZürich → Chäserrugg編に続きます。











★ryoko★


[PR]
by pinsvin | 2017-09-19 07:30 | 旅行 | Comments(0)

ラトビア旅行記7 買い物・免税編

リガは街自体が本当に小さいし、大したお店も無く(失礼w)、ここまで物欲が刺激されない街は初めてかも。笑。
にも関わらず、大半のお店が祝休日にも営業していて、とりあえず入るだけは入ったw


いわゆるハイブランドのお店はショパールしか無かった様な。
後は路面店だとMaxMaraとBaldinini、Patrizia Pepeはあった。
a0329149_20355667.jpg

a0329149_20371455.jpg

旧市街にあるデパート?のGarelija Centrsは、Weekend MaxMaraのかなり大きいショップが入ってたし、結構良かったわ。
でも、とにかく、お店少なかったー!

にも関わらず買い物編。笑。




いつもだったら食品も見たりするけど、ここには本当に魅力的なものが無くて。
スーパーも、ノルウェーにもあるRimiぐらいしか無いし。
ラトビアの老舗チョコレート店のLaimaも入ってみたけど、パッケージの時点でこれは違うな、、と。
食品は夫がウォッカ買った以外は何も買ってない!


これはもしやの何も買わず終いか、と思いきや。。
ホテル近くのBaldininiで、素敵なパンプスがSALEで約半額!だったのでそちらを買いました♡
a0329149_20381863.jpg



夫もスーツ用の靴を。
a0329149_20391415.jpg
ラトビアでは44€から免税できるらしい。
こちら、Global Blueで還付率は12%でした。



空港での免税手続きは、なんと税関オフィスが存在しない!ので、チェックインカウンターに税関職員を呼び出してもらいます。

すぐに来たし、品物を見ることなくスタンプがもらえたのでこれはこれでスムーズで良いわ。
手荷物で持ち込む場合はセキュリティ内で同じく職員を呼び出してもらい、スタンプをもらうそう。

でもきっと、免税手続きする人なんてほとんどいないんだろうな。。。






以上、かなり中身の薄いラトビア旅行記でした。笑。
来年のイースターは暖かいところに行くぞ!










★ryoko★




[PR]
by pinsvin | 2017-04-18 13:39 | 旅行 | Comments(0)

ラトビア旅行記6 カフェ編

歩き疲れたり、ただ単に時間潰しのためだったりwと、リガ滞在中はやたらカフェに行きました。
が、、、スイーツも相当微妙だったわ。
初回で懲りたのに、その後も何度も食べたんだけどね。笑。



初めて行ったカフェはホテル併設のモールにあるカフェ、Kanēļa konditoreja
a0329149_18233711.jpg

a0329149_18241515.jpg
ガイドブックに載っていたし、ホテル至近だし何も考えずに入店&注文。
が、後で分かるんだけど法外な値段だった!

ケーキ1ピースが5€と、高めだなーとは思ったもののオスロの物価に慣れているし、きっと美味しいに違いないと。
抹茶のショートケーキ?を頼んだら、あまりにも未体験な味に驚愕。。。w
a0329149_18193768.jpg
上に乗っているクリームはクリームじゃ無くラードでは!?口に合わなさすぎてほぼ食べれず。。。
ものすごーくお勧めしません!笑。




が、これに全く懲りずw、他にもガイドブックに載っていたカフェKukotavaへ。
ここは安くて、ケーキ1つ1€チョイ程。他のどのカフェでもそんな程度なので、初めのカフェは本当にぼったくりだわ。。。
a0329149_18203296.jpg


こちらではチーズケーキの様なものを頂きました。
まぁまぁ美味しかったけど、感動は無く。
a0329149_18211824.jpg



LIDOでもケーキ食べました。こちらもどれも1€ほど。
a0329149_18214810.jpg


チョコレートケーキなので、そこまで外れも無く。
a0329149_18224048.jpg
このケーキもそうだけど、チェリーの入ったケーキが多いみたい。




あとは、旧市街のショッピングセンター内にある小洒落たカフェや、街中でよく見かけるコーヒーチェーンなど、色んな所に入ったわ。
どこもコーヒーは美味しかった。
ケーキはどこも大きいので、1つを2人でシェアが丁度良いかと。



スイーツがイケてないというのは、私的にはなかなか辛いものがあったかな。笑。
最後、買い物・免税編へ続きます。













★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-04-18 11:24 | 旅行 | Comments(0)