ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

カテゴリ:料理( 4 )

2017!

明けましておめでとうございます!
2017年、奇数好きにはとても気持ちのいい響きの年。
このブログを読んで下さっている皆様方にとって、素晴らしい1年でありますように。



さて、年末に3日間に分けて作った御節、今年も無事完成しました。
a0329149_17030335.jpeg
去年のと大して変わり映えしませんが。。
御節とはそういうものかと。笑。



朝食には、日本一シンプルな愛知のお雑煮と一緒に頂きました。
a0329149_17051224.jpeg
山田平安堂のこの菊皿、やはり少し小さい。全種類盛ろうと思うとテンコ盛り(汗)。
去年も思ったのに。
来年こそは大きいサイズを買い足そう。




お昼には、友達家族を招いて3家族でお祝い(本当は4家族だったんだけど、1家族が病気で来れず。残念ー)。


重箱に詰めたものだけでは足りないので、各料理を小鉢に盛ったものも並べました。
個人的には煮しめは重箱に詰めるより、鉢に盛る方が華やかで好き。
a0329149_17080353.jpeg
山田平安堂の溜塗りの平鉢です。





子供らが食べ始め、そのままずるずると大人の会に移行したので、テーブルセッティングも何もないけど(汗)。
a0329149_17094525.jpeg
大人は延々と食べ続け、、、子供は『まだー?まだー?外行こうよー!!』と文句垂れ続け。笑。
これぞお正月( ̄ー ̄)





いやいや、子供らは子供らで楽しく遊んでおりました。
そしてお待ちかね?のお年玉も。

a0329149_17382637.jpeg



去年同様、ぜんざいも作ったので、その後も食べ続け、、、もうお腹いっぱいだわ。
御節は作りすぎた様で、あと重箱3セットぐらい作れるほど残っている。。
夫の友達(ノルウェー人)にプチ重箱に詰めてあげたものをプレゼントし、残りは細々と食べれるだけ食べるかな。

夫は御節が大好きだけど、私は1食食べれば十分なタイプなので、、、これが御節の困りどころだわ。
ピザ食べたいw






さてさて、2017年。
特に何かあった訳では無いけど、、原油価格の下落でノルウェー経済が停滞したこともあり、常にどんより暗い気持ちで過ごしていた2016年。
2017年は少しは経済も明るくなりそうだし、そもそも起きてもいないことで気を病んでいても仕方ない。


というわけで、2017年の抱負は『笑顔で過ごす』ということに落ち着きました。
結局は自分の気の持ちよう次第で、同じ事でも捉え方が大きく変わるものね。

2016年は難しい顔をしていることが多かったので、、、今年はたくさん笑って過ごそう!
今日も早速、仕事後に新年初のBodyattackに行ってきます!

いい汗かくぞ~!











★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-01-02 09:39 | 料理 | Comments(6)

早いもので、もう9月下旬。
刻々と我が家のメンズの誕生日が近づいてきて、日々恐々としております。笑。

オスロは怖いぐらいの秋晴れがずっと続いていて。
気持ちいいし嬉しいけど、昔は9月といえば秋を通り越して冬?ぐらいの気温・天候だったので、やっぱりちょっと怖い。


昨日はHenie Onstad Kunstsenterの展示を見がてら、海へ。
美術館では子供はひたすら駆け回り、、、(汗)
a0329149_14443106.png



海では、たくさんの人が泳いでいてこれまたビックリ!
ずっと安定して暖かい日が続いているので、水温もそこそこ高いみたい。
a0329149_14451361.jpeg
私はまだ抗生物質服用中のため、出来る限り日に当たらないように日陰に座っていたけど、それでもジャケット無しでいられる程度の気温。
日差しの下では暑いと感じるほどでした。異常気象だー





とはいえ、9月はやっぱり秋。
土曜の補習校では、中秋の名月のイベントが開催されました。
今回そちらのイベント担当だったので、朝はいつも通りの5時起きで子供らに振舞う団子作り。。その数90個!
月見団子って、地方によってかなり異なるみたいで。
団子で美味しけりゃいいだろうwと、みたらし団子と餡団子の2種類作って持参。
a0329149_14460868.jpeg
洋菓子に比べると和菓子は家庭で作るもの(特に団子系)はそこまで美味しくないと思うので、どうかなー、、、と心配でしたが、子供らは美味しい美味しいと食べてくれたので一安心。
担当に任命されて以来、何気にずっと気になっていたので肩の荷が下りてホッとしたわ。






そして昨日の夕飯は、秋といえばのノルウェー羊料理、Fårikålを夫が作ってくれました。
見た目、全く美しくないけどこれはこういう料理なのです(汗)。
a0329149_14475239.jpeg
美味しいけど年に1度で十分、でも年に1度は食べたいな、っていうのが個人的な感想。笑。
昨日はかなり空腹のところで食べたので、食後の胃のムカムカが凄かったけどw美味しかった。






このまま段階的に少しずつ寒くなっていってくれるといいんだけど。
一気に冬!ってのだけは嫌よ~(^^;)















★ryoko★



[PR]
by pinsvin | 2016-09-19 07:48 | 料理 | Comments(0)

明けましておめでとうございます!

2016年、元旦。
明けましておめでとうございます!

オスロで過ごす4年ぶりの年末年始。
この家に引っ越してからは初めてなんだけど、昨晩はカウントダウンの打ち上げ花火が信じられないぐらいにうるさくて、次男が起きてしまうほど!
前は市内中心に住んでいたので、打ち上げ場所から遠かったので気にならなかったんだなー。
ビックリな新年の幕開けとなりました。



さてさて。
ロンドンから戻って来てからの2日間、ひたすら作り続けて無事完成したお節料理。
1年半程前に新調した、山田平安堂の白檀の重箱。ようやくお披露目(^O^)
a0329149_04005680.jpeg
重箱見てるだけでも幸せ。。。笑





今年の御節は、ロンドンで食材が調達できたこともあって、なかなか充実の中身となりました。
a0329149_04021308.jpeg



一の重は田作り、栗きんとん、くるみの飴煮、黒豆、昆布巻き、錦玉子、出汁巻き玉子、かまぼこ。
a0329149_04024372.jpeg



二の重は紅白なます、巻き鶏、酢蓮根、西京焼(鮭&鱈)、たたきごぼう、ロースハム。
a0329149_04033723.jpeg



三の重は松風焼き、焼き銀杏、煮しめ(里芋、ゴボウ、こんにゃく、椎茸、筍、蓮根、人参、さやえんどう)
a0329149_04042302.jpeg



御節を作るのは3度目なので、比較的手際よく出来た様な。
どの料理にどのレシピを使うか、というのも安定してきて、自分の味が決まって来た気がする。
田作りが上手く出来るかいつもドキドキなんだけど、今年はパラッと完璧な仕上がりで大満足。





朝食は、お雑煮と一緒に頂きました。
a0329149_04053784.jpeg
この菊皿も山田平安堂のもの。素敵♡






午後からは友人家族を招いて、総勢大人8名、子供7名で御節パーティー。
a0329149_04064597.jpeg



日本人の友人にはお年玉も持って来てもらって、新年の挨拶の後に子供達に渡しました。
a0329149_04071555.jpeg
親戚の集まりかの様な雰囲気を子供らに味合わせてあげられて、本当に嬉しかったー







御節はノルウェー人達にも意外にも人気で、あれよあれよと出した分は無くなりました。
皆、美味しい美味しいと食べてくれて、頑張って作った甲斐があったわー




おやつに、小豆ときび砂糖で作ったぜんざいも。
a0329149_04081132.jpeg
ほっこり、美味しかったー^_^








大好きな友達に囲まれて、ワイワイまったり、とっても楽しく幸せな新年の幕開けとなりました。
今年は暦の関係で、正月三が日まで休みなので、もうしばらくお正月気分を満喫します。



皆様にとっても、幸多き1年になりますように。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!












★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2016-01-01 20:08 | 料理 | Comments(2)

ご当地ラーメン

今日は、長男が夕方にお友達の誕生日会に招かれいないので、


夕飯は、次男は適当にあり合せの物で済ませ、夫と2人でラーメンヽ(=´▽`=)ノ
a0329149_240780.jpg
器もレンゲも白山陶器のもの。






今回は帰国時にラーメンにはまり、何度か食べに行ったけど、昔のようにわざわざ有名店に足を運んでまで行く余裕は無かったので、楽天でご当地ラーメンセットを買って持って帰って来ました(笑)





つわりの時も、無性にラーメンが食べたくなり、同じ様なのを買った記憶が。





めんまとチャーシューも持って帰ってきていたので、あっという間に出来上がり。
今日は東京の『せたが屋』にしました。


美味しかった〜





荷物に余裕があると、こういうものを買い足すから、結果あんな量になるのよね(^^;;








★ryoko★








[PR]
by pinsvin | 2015-01-19 19:37 | 料理 | Comments(0)