ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

2017年 09月 21日 ( 2 )

スイス研修旅行記7 Vitra Design Museum編

最終日の日曜は、国境を越えてドイツ領内のWeil am RheinにあるVitra Design Museumへ。
今回の旅行ではただバスに座ってるだけだったから、地図を見ることもほぼ無く、バーゼルが国境に隣接しているのも知らんかった!(汗)

観光バスでの旅は前日で終了したので、この日は自力で博物館へと向かいます。
そこでふと思った。

『行き方、ちゃんと調べてるんだろうか…』

毎度、我が社の研修旅行では、行き方はその場で考える、という行き当たりばったりなことが多いので(汗)
少し調べたら、博物館へは55番バスで行くのが唯一の方法で、これだと博物館前のバス停で下車できる。
が、このバス、日曜は1時間に1本しかない!
プログラムに書いてあるホテル出発時間は9時。そこからバス停までは歩いて15分ほど。
そしてバスの発車時刻は9時15分!!!!

間に合うんかいな(- -;)


案の定、誰1人として行き方を調べておらず、9時の時点で全員集まっていなかったけど、事情を説明して急いで出発。
私と旅行担当のパートナーが先頭に立ちマッハで歩くも、その他の人々はのらりくらり…
とにかくバスを捕まえて、何とか待ってもらえばいいじゃん、と話すも諦めかける人々。
私はどうしても諦められず、最後はダッシュしたらバスがまだ止まってて!
運転手さんに話して数分待ってもらい、同僚達もここでようやく走ってきて、無事乗れたとさ(^^;)
みんなにめっちゃ感謝されたわー。ていうか、ほんともっと調べてよ…(汗)




前置きが長くなりましたが。

バスは国境を越えるので、ホテルでもらったMobility ticketが使えるのは国境まで。
でも、ここから博物館までの差額分1€を払うだけで良かった。帰りも同様。
55番バス始発駅から乗って約20分で着くので、タクシーでも全然良いかと。

バス停の椅子もイームズのデザインでテンション上がる↑
a0329149_19213753.jpg


博物館は、Vitraの工場敷地内にあり、多くの著名建築家がデザインした建物が点在しています。
その大半がガイドツアーでしか見学できないため、帰りのバス時刻に合う時間帯でツアーを予約。
ちなみに所要時間2時間!すんごい天気が良くて汗ばむほどだった。外を歩き回るので雨じゃなかったのは有難い。


ツアーが始まるまでは、Herzog & de Meuron設計のVitraHausにある展示やショップ、カフェで時間潰し。
a0329149_19222242.jpg

HdMらしからぬ設計だけど、中に入って納得。
家具を展示するために、いくつもの部屋/リビングを用意する必要があり、半ば必然的にこのような設計になったのかと。
a0329149_19235036.jpg

a0329149_19253133.jpg

a0329149_19260874.jpg


カフェで食べたフロランタン、すごく美味しかった!
ドイツならではの美味しそうなプレッツェルもありました。
a0329149_19484549.png




以下、ツアーで周った建築達。ガイド自体が激しく微妙だったけど、、Zahaや安藤忠雄の建築内部を見学できたのは良かった!
Buckminster FullerのDomeと、Jean ProuvéのPetrol station。
a0329149_19265497.jpg



Álvaro SizaのFactory Building。工場の入り口にかかる雨よけは、後ろにあるZahaの消防署を遮らないように設計されたんだとか。
a0329149_19291198.jpg



Zaha HadidのFire Station。
a0329149_19302187.jpg

a0329149_19575637.jpg


SANAAのFactory Building。
a0329149_19313743.jpg
高さ11m、幅1.8mのアクリルガラスで作られたファサード、このプレートを周囲に貼るためだけに3年かかったそう!
費用よりも何よりもデザインを追及・優先する姿勢がよく伝わった。
ファサード研究中↓
a0329149_19321374.jpg



Frank O. GehryのFactory Building。
もうこれは本当に駄作。エントランスだけ飾りのような造形があって、それ以外はどシンプルなただの箱…
a0329149_19330761.jpg


同じくGehryのVitra Design Museum。こちら改修中で入れず。
超初期の作品だから、こちらも彼にしてはとてもシンプル。
a0329149_19355429.jpg



最後は安藤忠雄のConference Pavilionでお口直し。笑。
Gehryがただ自分の建築前に広大な敷地が欲しいという理由だけで桜の木を50本伐採!したのに対し、安藤さんは桜の木を出来る限り残すように建物を設計。
建築家でこうも変わるのかと…
海外初作品らしいけど、素敵でした。

a0329149_19381058.jpg

a0329149_19391507.jpg

a0329149_19400221.jpg



ツアー終了時間がバスの時間の15分前だったので、この日のランチもカフェで注文したバゲットサンド…
もうバゲットはしばらく食べたくない!笑。
a0329149_19403144.jpg
a0329149_19555669.jpg







帰りはちゃんとバスに間に合いw、バーゼルに戻ってすぐに大雨に。
Kunstmuseumを見て研修プログラム終了。電車でチューリッヒ空港へと向かいました。
a0329149_19502195.jpg




次は最後、復路&お土産編に続きます。












★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-09-21 12:58 | 旅行 | Comments(0)

スイス研修旅行記6 バーゼル・ホテル編

最後の宿泊先は、バーゼル。
泊まったのは、1年前に出来たばかりの4ッ星のデザインホテル・Nomad
このホテルも素敵かつ居心地良かった~
立地も中央駅まで徒歩10分程度と良さそう(ほぼ歩いてないのでね…汗)。
a0329149_22420349.jpg

a0329149_22424380.jpg



この写真では伝わらないけど、かなり広い部屋だった!
写真に写っているソファ&机の他に、オットマン付きのリクライニングチェアや棚・収納もたっぷり。
a0329149_22431513.jpg


トイレとシャワーが別部屋だったのもポイント高し。
a0329149_22435782.png



アメニティはロクシタン。
ミニサイズではなく通常のボトルだったのも嬉しかった。
a0329149_22443982.png


廊下には飲料水や果物をピックアップできるミニキッチンも。
a0329149_22462670.jpg



チェックインの時に、ルームキーと一緒にもらったこちらのMobility ticket。市内の公共交通機関が全て乗り放題。最長30日間利用可能。これ、なんとバーゼルの全てのホテルにて宿泊者に提供されるらしい!これは嬉しいサービスだわ。
a0329149_22470502.jpg



レセプション隣にあるレストランにて、夕食と朝食を頂きました。
ディナーは3皿コース。メインは見た目的にノルウェー料理か!?と思ったけどw、どれも凄く美味しかった。
でも1度ぐらい、伝統的なスイス料理食べたかったな…
a0329149_22482400.jpg

a0329149_22491694.jpg

a0329149_22500377.jpg




朝食もお洒落かつ品揃え豊富で◎
a0329149_22505570.jpg

a0329149_22513227.jpg

a0329149_22520512.jpg

a0329149_22544816.jpg

a0329149_22533337.jpg

a0329149_15122479.jpg
写真に写っている、グラスジャーに入っているピンク色のはフムス。
7132Hotelの朝食にもフムスがあったけど、スイスでよく食べられるのかな??





総合的に、今回の研修旅行で泊まったホテルは大満足。
ただ、写真からお気付きの方もいるかもしれませんが、、、7132Hotel、Nomad共にダブルベッドだったorz
同僚とルームシェアだというのに!

もちろん会社はツインで希望を出したけど、どうやら両ホテルとも、そもそもツインルームが無いみたい。
ヨーロッパだと結構そういうホテル見かけるけど、一緒に泊まる人は必ずしもいつも恋人や家族という訳では無いのに!!!
(ちなみに、ダブルベッドかもしれないという告知を受けたのは出発2日前。酷い…)

まぁ、疲れてたからよく寝れたけど、1度は悪夢見たわ。笑。
今回はスイスで物価高なこともあり、シングルルームに泊まりたい場合に払わないといけない差額は3,000kr(約4万2千円)だったのでやめたけど、これからはとにかくシングルにしようかな…(^^;)





次はVitra Design Museum編に続きます。










★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2017-09-21 08:12 | 旅行 | Comments(0)