ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

2016年 04月 03日 ( 1 )

入学式

昨日は、長男のオスロ日本人補習校における入学式でした。
大使館から来賓を招いての、大々的な入学式。
在校生からの迎えの言葉や首飾り&花束の贈呈などもあり、立派な式に感動。
a0329149_17281595.jpeg
肝心の新入生達は、かなり緊張感の無い感じwで、式中は次から次へと行われるセレモニーの中、ポケーっとしてて可愛かった。笑。



ちなみに、、幼児教室は保護者による運営で成り立っている組織なのに対し、補習校は駐在員の子供達が日本に戻った時に問題の無い学力を維持出来ることを目的に作られた公的組織なので、誰でも入れるわけではなく。
幼児教室の年長さんの時に、体験入学という名目で1年生の授業に参加し、その間に先生達が補習校入学相当の日本語力が備わっているか否かの判断をします。
その結果で入学できるかどうかが決まるので、長男の学年も最大で16人ぐらい在籍していた時もあったけど、今年の新1年生は9人とかなり減ってしまいました。

あくまでも補習校は、『日本語を学ぶ場所』ではなく、『日本語で学習する場所』である、ということを式後のガイダンス時にも先生が語っておられました。



補習校で学ぶのは国語と算数。
始業式の後にも早速授業があり、宿題も出ました!
週に1度の限られた時間で日本の子供達と同じスピードで学習が進むので、宿題の量も多いし授業のペースも非常に早く、家庭でのフォローアップが非常に重要になってくるとのこと。

子供チャレンジをやっているおかげで、長男は現時点では平仮名・カタカナの読み書きは出来るし何の問題も無いけれど、漢字が始まったらどうなるか。。。
今からドキドキだわ。



入学式では教科書・ノートも配布されました。
後日、副教材のワークブックももらえるみたい。
a0329149_17293475.jpeg



とりあえずは、初日の授業はとても楽しかったようで一安心。
宿題も、自分から『早くやりたい!』と取り出して、サッサと取り組んでおりました。


ノルウェーの小学校に入学した時と違い、日本の小学校に入学した今、『ついに来たな・・・』という思い。
親子共に負担になりすぎず、楽しみながら日本語を学べていければいいな。

頑張れ、長男!










★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2016-04-03 10:29 | 子育て | Comments(0)