ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

2015年 09月 04日 ( 1 )

ついに2語文

次男が家の近くの保育園に転園して、まだ1ヶ月も経ってないけど、もうすっかり馴染んでいる彼。
これまで、バイバイの時に泣いた事は1度も無し!毎日とっても楽しそう(^^)

長男も次男も家の周りでたくさん友達が出来て、私達も子供を通して知り合いが増え、なんだかようやくこの土地に馴染んできた感じ。
次男を迎えに行って、家まで手を繋いで歩いて帰る時とか、幸せでたまらないわ。

引っ越して以来2年半、街中の保育園まで毎日送り迎えしていたなんて信じられない。
我ながら本当によくやったなと思う(笑)




さて、そんな次男ですが、相変わらず喋るのは日本語ばかりで、話すノルウェー語は『Ha det bra(バイバイ)』『innesko(上靴)』『knekkebrød(クリスプ・ブレッド)』ぐらいでした。

どうやら、1つの物に対しての呼び名は1つ、というように思っていたようで、最初に日本語で覚えた単語はずっと日本語だけで、ノルウェー語で覚えた単語はずっとノルウェー語だけ、という状況でした。

なので、『innesko』のことを、何度『上靴だよ』と教えても、絶対に『上靴』とは言わなかった(笑)




が、ここに来て、急にノルウェー語が出始めたとのこと!
一昨日に初めて保育園スタッフから『急に色んな単語を話し始めたよ』との報告を受け、そしたら昨日は早くも2語文を話し始めたと!


次男、ついにノルウェー語の存在に気付いたか!(笑)

『skifte bleie(オムツ替える)』とか『gå ut(外に行く)』とか、ちゃんと意思表示できているとのこと。
ここまでくると、後はどんどん伸びていきそうだわ。





日本語は、1歳とは思えないほどに完璧な文章を話していて、むしろちょっと口が達者すぎるほど。
長男が次男のご飯を覗いただけで、『にぃに見ないで!○○ちゃんのご飯でしょ!』と歯向かってみたり、無くした玩具を見つけたら『ここにあるじゃーん』なんて、語尾の活用も一丁前(^^;)

道に落ちて腐ったリンゴを見て、『りんご腐ってるね~』なんて、いつの間にそんな言葉覚えたの??なんてこともしばしば。


ここまで日本語が確立していれば、ノルウェー語もすぐに上達しそう。
ただ、家では日本語のみで過ごしているので、彼の話すノルウェー語を聞く機会がなかなか無いのが残念。






日本語/ノルウェー語と言えば、長男の宿題!
毎日基本、音読(週ごとに変わる絵本)と、週に1-2回算数の宿題があるんだけど、それを見るのは夫の役目。

その時だけは仕方ないので、家の中でもノルウェー語OKにしているものの、どうも長男は家の中でノルウェー語を話すのに慣れないようで、夫がノルウェー語で話しても長男はほぼ日本語で返している(笑)
さすがに音読はノルウェー語で読んでるけどね、合間合間にしゃべるコメントは日本語(笑)

ここまでしっかり使い分けが身についてくれて嬉しい限りだわー。



今は、お風呂後にノルウェー語の宿題をやって、その後にこどもチャレンジという、スケジュールだけど、来春からはこれに更に補習校の宿題も加わると思うと、、、、ゾッとするわ。

次男もそろそろこどもチャレンジ始めるかもしれないし、帰宅後から就寝までの時間が足りない。。。







時間と本人のやる気によると思うけど、2人の言語教育、何歳までうまく続けられるかなー。
全く想像できないけど、頑張ろう~














★ryoko★


[PR]
by pinsvin | 2015-09-04 08:32 | 子育て | Comments(0)