ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

2015年 01月 30日 ( 1 )

歯の健康

私自身、特に食にとやかく言われて育ったわけでは全く無いのですが、自分の子供には周りに比べると徹底して『食育』をしています。



長男には、2歳を過ぎるまで砂糖の入ったお菓子やおやつはあげたことが無かったし、初めてアイスを食べたのは3歳過ぎ、チョコも4歳、ガムに至ってはつい最近。
どれも、お友達の家で頂いたもので、今でも、お店で売っているお菓子は買い与えていません。


唯一、日本にいる間だけは緩くなるかな(笑)
日本は子供向けのお菓子が溢れているし、友達の家でもすぐにお菓子が振舞われるからここまで徹底するのは本当に難しいと思うので、ノルウェーだからこそ出来たことかも。

食事も和食中心で、バランス良い食事を心がけています。




なぜ、ここまで拘るかと言うと、全ては『歯の健康』のため。


私自身、大人になってからはすごく気をつけるようになったけど、子供の頃に出来た数本の虫歯がすごく嫌で。
(ちなみに、夫は虫歯が一本も無い!羨ましい&尊敬)



歯って、一生付き合っていく本当に大事な体の部分だと思うから、親が守れる期間は出来る限り守ってあげたい。




昔、『3歳までの食生活で歯の健康が決まる』と聞いたことがあったので、お菓子を与えなかったのはそれが1番の理由。


2人目は上の子が食べるから防げられない、とよく聞くけど、長男は今も誕生日会やお友達からもらう以外ではお菓子は食べないので(それすら全部食べずに大半は夫にあげているw)、次男も大丈夫かな、という気がしています。





歯磨きも、『もう大きいし一人で出来るから』と子供任せには絶対せず、毎日かなりしっかり仕上げ磨きもし、夫の意向で舌クリーナーも使い、うがい後にはフッ素タブレット↓。

a0329149_16083014.jpg

意外にきつくない、マイルドな甘さのバナナ味~

最近次男にもあげはじめたけど、相当美味しいらしく、いつも歯磨きの時は『早くフッ素くれー!』と大騒ぎ(笑)







子供にはフッ素が入っていない歯磨き粉↓を使っているので、フッ素タブレットは必須。

a0329149_16082444.jpg

義姉のお勧め、ベルセレージュの歯磨き粉。
ベルセレージュの商法はどうかと思うけど、、、物はとても良いと思う。


歯磨き粉も子供向けは甘い味付けをしてあるのが大半だけど、あれを使うのが本当----に嫌だったので、味覚も変えないこの歯磨き粉はかなり優秀。









と、前置きがかなり長くなりましたが、、、






先日、歯医者さんに健診に行った長男。

見るからに綺麗な歯なので大丈夫だろうとは思っていたけど、



『こんなに素晴らしい歯の子供を見たのは久しぶりだ!』




と大層ほめられ、長男も大喜びだったけど、私も夫もどれだけ嬉しかったことか。




乳歯なので、もうすぐ生え変わるけど、永久歯もしっかり守っていってあげたいと思います。




歯は大事よね~











★ryoko★







[PR]
by pinsvin | 2015-01-30 08:31 | 子育て | Comments(0)