ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

花粉症・・・

親子で重度の白樺花粉症の私と長男。
私は免疫療法にずっと通っているので、今シーズンはどうなるか期待もアリ。


長男は、免疫療法の舌下薬が製造再開されず手に入らないため、2月末にクリニックに行き今シーズン用の薬を処方されました。
抗ヒスタミン薬2種に目薬、鼻スプレーと大量に。
a0329149_14450851.jpg
白樺花粉は4月末から飛散し始めるので、4月に入ってから服薬を開始するはずでした。
が、1週間ぐらい前から、長男に花粉症のような症状が出始めまして…(汗)
恐れていた他の花粉にも反応するようになってしまった模様。。。

ちなみに今飛散しているのは、Or(ハンノキ属)とHassel(セイヨウハシバミ)。
元々、セイヨウハシバミに少し反応が出てたのでこれが悪化したのか…


とにかく、症状が出ていることに気付いてすぐに、もらった薬を服用させ始めたものの、毎日目はまっ赤だし効いている気配が無い。
眼球だけでなく目の周りも赤く腫れているし、鼻も詰まっていて可哀想で。
学校にはサングラスをかけて行かせてるけど、気休めだよね。
ちなみに彼の親友も花粉症で、2人で苦しんでいるらしい(^^;)




昨日ちょうど、免疫療法のため私がクリニックに行ったので、話を聞いてきました。
そしたら、『処方箋不要の市販アレルギー薬を試して様子を見て』と。
よくシステムが分かりませんが、アレルギー薬は処方箋が無くても買えるのか?
というか、処方箋が出るのはただ単に自己負担を無くすため?(ノルウェーではアレルギーの様な慢性病は薬の自己負担無し。それ以外は子供でも薬は自己負担)。


薬局で相談し、12歳未満の子供に与えても良い処方箋不要のアレルギー薬は1種類しか無かったので、そちらを1週間分購入。
目薬も、処方されたものより強いものを買いました。
a0329149_14455612.jpg

早速、昨晩飲ませ目薬も点眼。
今朝起きた時には目の赤み・腫れは消えていたので、こちらの薬がこのままよく効いてくれるといいんだけど。




それにしても、長男の花粉症は年々酷くなってきている気がする。
果物アレルギーを発症するのも時間の問題かも…
早く免疫療法を受けさせてあげたいけど、今秋にも薬が手に入らないようなら、もう舌下薬は諦めて皮下投与を始めるか。
悩ましいわ。



幸い、次男は今のところ花粉症ではないようなので、こちらも発症しないように祈るばかり。
でも保育園には当たり前のごとく、でっかい白樺の木が大量にあるので、、、時間の問題かも(T_T)














★ryoko★


[PR]
by pinsvin | 2017-03-30 07:46 | 生活 | Comments(0)
<< 進級 ジョージア >>