ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

日本からの荷物・食材編

帰国の度に大量に持って帰って来る荷物。
毎度、『何を持って帰って来ているのか!?』と方々から聞かれますが、基本的には毎年ほぼ同じ物を持ち帰って来ています。
大半が食材と日用品。これらは毎年全く同じ。
それに加えて、食器や服や子供用品(本、玩具、学童品)などがその時に寄って変わる感じかな。


前にも1度荷物の内容についてブログに載せたことがあるけれど、今回もう1度。そしてこれがもう最後。笑。
まずは食材編。


そもそも基本調味料だけ(醤油15本、みりん&料理酒7-8本、味噌12kg、甜菜糖に粟国の塩、胡麻油等々)で、重さ的に4箱ほどになってしまいます。
醤油はこちらでも売っているけど、海外版キッコーマンの普通と減塩の2種しかなく、しかも高い。他の物も然り。
今の円高だとちょっと分からないけど、基本的には持って来た方が安いので、好きなものを持って来ています。
会社で毎日サラダを食べるので、飽きない様にドレッシングも必須アイテムだし、麺つゆやポン酢、黒酢に白だし、マヨネーズに麦茶パック、カレールーに海藻類、ふりかけや胡麻、製菓材料、、、と食材だけで7-8箱になっているのでは。

こちらで5倍ぐらいの値段で売られている長期保存可能の無添加豆腐や、梅干し、夫の日本酒なんかも重いし嵩張るアイテム。
今回は讃岐うどんの激ウマ乾麺も買ったので、これもかなり嵩張ったわ。
大半のものが、こちらでも手に入ると言えば手に入るけど、本当にレベルの低い日本商品が法外な値段で売られているか、アジアショップで売られている中国産の物になるので、、、好きな物を持って帰ってくるのが1番、という結論に達しこういうことになっています。笑。



今回、スーパーで見かけて買ってみたこちらの醤油。
a0329149_22093452.jpeg
これ、かなりヒットだわー。鮮度が保たれるだけでなく、液切れもいいし少量ずつ出るので卓上醤油として使用中。
これは毎年のリスト入り間違い無し!



集合住宅の1階に、冷蔵倉庫があるんだけど、帰国直後の今はこんな感じになってます。
a0329149_22102453.jpeg
これと同じぐらいのボリュームの食材が、キッチン横の倉庫にも収納されているので、これだけでもボリューム感が伝わるかと。

1年でほぼ使い切って、空っぽになったところにまた持って帰ってくる、というサイクル。
収納場所が決まっているから、片付けもあっという間に終わる。
日本での買出し&箱詰めは面倒だけど、このおかげで1年快適に美味しい生活が送れているんだと言い聞かせ、頑張っています。笑。




以下、海外在住社にお勧めの食材を少し紹介〜

前にも載せたけど長期保存可能の無添加豆腐。味も美味しい!




賞味期限が1年超の無添加米味噌。こちらも良いお味。




茹で時間25分と長いけど、太くてもちもちの讃岐うどん乾麺。




日本在住者にもお勧め、五代庵の紀州五代梅のはちみつ梅干し。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

五代庵 紀州五代梅 はちみつ梅干1.2キログラムエコ容器
価格:5700円(税込、送料無料) (2016/8/6時点)





毎日の料理に欠かせない、粟国の塩。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

粟国の塩 釜焚 500g[粟国の塩 海塩]【あす楽対応】
価格:1296円(税込、送料別) (2016/8/6時点)









頑張って運んで来たこれらの食材のおかげで、毎日のエネルギーの源となる美味しい食事がとれています。
大都市だったら、もっと豊富な種類の日本食材が現地で手に入るけど、オスロではそうもいかないので。。
今後もこの大量の食材運搬は続くかと思われます。笑。













★ryoko★



[PR]
by pinsvin | 2016-08-06 15:10 | 生活 | Comments(0)
<< 日本からの荷物・日用品編 はしはじめ >>