ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

Begravelse

月曜の夕方から、2泊3日で夫のStavangerへ行き、昨晩戻って来ました。
日本から戻ってすぐなのに慌ただしく出掛けた理由は、begravelse。お葬式でした。

実は、私達が日本に滞在している時に、夫の母が亡くなりました。
訳あって疎遠にしていたし、常に心身ともにボロボロで、いつこうなってもおかしくない状態ではあった義母だけど、実際に亡くなったと連絡があった時はやはり驚きました。
最後に会ったのは3月に帰省した時。今思えば、このタイミングで帰省しておいて本当に良かった。
夫はそれ以外にも仕事でよくStavangerへ行くので、日本に帰る直前にも会っていたみたい。

お葬式が、私達が戻るまで引き伸ばせるか本当に微妙な時期だったので、保険会社に連絡したりもしましたが、夫の妹も旅行中で不在だったこともあり、帰国後のこの時期となりました。


Stavangerは、滞在中毎日雨が降り、8月初旬とは思えない寒さ!秋を通り越して冬か!?というぐらいに寒かった。。
お葬式の時も雨が降っていたけれど、出棺の時だけは晴れ間が差し、穏やかに見送ることが出来ました。



生前、本当に大変な、生き難い人生を送っていたお義母さん。本当にお疲れ様でした。
Hvil i fred。安らかに。





************************************






今回の2泊の滞在、1泊目は妹宅に、2泊目は実家に宿泊しました。
3月に訪れた時は、両家で飼われている犬に次男が怯えまくって大変だったけど、今回はやっと慣れてくれて最終的にはナデナデまで出来るように。
長男も、それぞれの犬とたくさん遊んで散歩もして、とても楽しそうでした。

お葬式ということで、これまでに会った事もなかった遠方の親戚も一同に会したけど、小さい子供は我が息子達だけだったので、皆にもたくさん可愛がってもらいました。

が、日本帰国のせいでノルウェー語が全く出てこない次男。
長男は毎度、初めの1週間は保育園では無言を貫いていましたが、次男は完全に逆を行っていて、保育園では何も気にせず日本語を喋りまくっていたそうで、Stavangerでも同じ。

普通~に全員に日本語で話しかけてた(汗)
次男はノルウェー語を聞く分には全て理解できるし、他の皆も子供の言いたい事なんて簡単に想像がつくから日本語で話しかけても8割方正しい返事/動作が返ってくるので、次男は全く不便を感じていない模様。。。

『みんな日本語できるから大丈夫だよ~』なんて言っておりました(^^;)
しかも、本当は別に忘れてはいないんだよね。『これノルウェー語で何て言うんだっけ?』と聞くとボソッとノルウェー語が出てくるし。ただ喋りたくないみたい。

長男も、忘れてはいないし喋るけど、言葉が出てくるのにちょっと時間が必要、という感じ。
でも学校も楽しく行っているし、まぁ、来週あたりには元に戻るかな?



私も今日からようやくまた仕事と家事の毎日。頑張ろう~(--;)













★ryoko★




[PR]
by pinsvin | 2016-08-04 08:03 | 生活 | Comments(0)
<< はしはじめ EU-kontroll >>