ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

保存瓶いろいろ~

週末に採ったブルーベリーのジャムを保存する瓶が足りないので、昨日は会社の昼休み中に瓶を買いに街中のRafensへ。



レッドカラントのジャムを詰めた、WECKの物↓を買い足したかったんだけど、今ではもうノルウェーで取り扱っている店は無いとのこと!





苺マークが可愛いし、チューリップ型のは形も可愛くて好きなのに残念ー
チューリップ型のは、プリンやデザートにもいいなと思って買ったのに、全部ジャム保存に使われたのでデザートに回せないと言う。。。(汗)







代わりに見つけたのが、KILNERの瓶。
1840年代にイギリスで生まれた老舗のガラスメーカーらしい。

ジャムは小さい容器の方が使いやすいので、250mlのシンプルな缶詰タイプにしました。








ちょうど、この瓶5つ分のブルーベリージャムが出来ました(^^)
a0329149_16031097.jpg





両方使ってみた結果、見た目や使う用途の幅で言えば断然WECKだけど、ジャムの保存だけでいうならKILNERの方が使いやすい。

というのも、WECKは瓶、蓋、ゴムパッキン、クリップが全てバラバラなので、蓋をする際にパッキンがずれてるとしっかり密封出来ない(←2回ぐらい失敗済み)。
a0329149_16035309.jpg





対してKILNERの缶詰タイプは、蓋部分は金属製ディスクと固定用のスクリューバンドの2つのパーツに分かれていて、ディスクにゴムが予め固定されているので、密封に失敗することはまず無いはず。
a0329149_16045220.jpg





この2日間、瓶の消毒のための煮沸、脱気のための煮沸、、とひたすら煮沸し続けてた気がするー(^^;)
でも、自分で作ったジャムを熱々の瓶に詰めて、脱気して、密封成功!、というプロセスは結構好きかも。



ただ、どうにもこうにも時間がかかるので(消毒に10分、脱気に30分)、『保存瓶生活』的なことは私には起きないかな(笑)
この季節だけのお楽しみにしよう~














★ryoko★

[PR]
by pinsvin | 2015-08-04 09:05 | | Comments(4)
Commented by ayating at 2015-08-05 06:42 x
こんにちは〜!
ryokoさんの庭では、たくさんのRipsが採れるんですね。
ちょっと酸っぱくて大量には食べれないですが、
ジャムにしたら美味しそうですね。

WECKの瓶ですが、私の働くカフェに少しですが置いていますよ。(カフェでは雑貨や服なども売っています。)
オーナーがドイツ人なので、取り寄せてるのだと思います。
もう他の物を購入されたとのことで、必要ないと思いますが、今後の参考までに〜(゚▽゚*)
Commented by pinsvin at 2015-08-05 14:53
★ayatingさん

そうなんです、Ripsは使い道がほとんど無いので、もっと他の果物の木があれば良かった。。。
ジャムも消費しきれそうにないので、会社に持って行こうと思います。

ところで、カフェにWECKの瓶が置いてあるんですね!
前にデリのようなお店で、惣菜をWECKに入れて売っているところがあったので、ノルウェーのどこかには絶対あるはず!と思っていましたが。。。
小さいチューリップ型のはデザート用にもう少し欲しいので、機会があれば探してみます~!
Commented by ayating at 2015-08-07 17:45 x
ちなみに、うちのカフェ(Liebling)では大きなチューリップ型しかおいてなくて、小さなものはなかったです。
他のお店にも売っているかも知れませんが、また仕入れがあればご連絡しますね。
Commented by pinsvin at 2015-08-10 19:55
★ayatingさん

ありがとうございます!
いつでも情報お待ちしております~(^^)
<< インビザライン ベリーの季節 >>