ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

モンブラン

またしても、買っておいたマロンペーストの賞味期限が切れそうだったので(汗)、人生2度目のモンブランを作りました。
a0329149_19041218.jpg



前に作った時は、ほぼ全てのパーツを同じ日に作ったので、それはそれは大変だったけど、今回は祝日だった一昨日に焼きメレンゲとジェノワーズを焼成。


今日は、メレンゲのチョココーティングと、モンブランクリームを作って組み立てるだけだったので、結構簡単に出来た~
前回は死ぬほど大変だと思ったけど、そうでも無かった~
わーい*\(^o^)/*






こちらメインの栗材料。
a0329149_18555856.jpg
マロンペーストはおなじみサバトンのもの。渋皮煮も必須。




焼きメレンゲ。アーモンドプードルを入れて風味を出しています。
a0329149_18563648.jpg





メレンゲがクリームの水気を吸って、サクサク感が無くならない様に、ヴァローナのチョコでコーティングしてから組み立て。
a0329149_18593699.jpg





土台は、ジェノワーズにしようかタルトにしようか悩んだけど、簡単なジェノワーズに。
でも、モンブランって結構重いケーキなので、土台はジェノワーズの方があっさりしていて個人的には好き。






モンブランクリームも、前回は本に書いてある通りに柔らかくしたバターとマロンペーストをカードで少しずつ混ぜ合わせていったので、本当ーーーーーーに大変だったけど、今回はキッチンエイドさんにやって頂き、これまた楽に出来た(^_-)







ジェノワーズ→生クリーム→焼きメレンゲ→刻んだ渋皮煮+生クリームの順で組み立て、モンブランクリームで仕上げ。

前回作った後に購入した、片目口金でスタイリッシュに。

a0329149_19012017.jpg
モンブラン口金よりはこっちの方が断然使いやすい!

物によっては、クリームがヨレたり、ピサの斜塔みたくなってるのもあるけど、これからも絶対片目口金で作ろう。



サバトンの小缶で6cmセルクルサイズのモンブランがぴったり10個出来ました。
渋皮煮も過不足無く。
高価な材料だから、使い切れて良かった。









今回も、余ったジェノワーズと生クリームで、長男には即席グラスショートケーキを。

これからグラスデザートを極めようと決めてすぐに買ったIKEAのグラスで↓
a0329149_19064279.jpg

サイズもデザインも完璧。安いし最高。





グラスショートケーキだと、美味しさはそのままに、ナッペやデコに神経使わずに済むから良いわ〜。
しかも、こっちの方が洒落てるし。

大量に持ってるケーキピックもようやく使えて大満足( ̄▽ ̄)








モンブラン、2度と作るかと思ったけど、年に1度ぐらいならいいかも。笑。










★ryoko★




[PR]
by pinsvin | 2015-05-16 20:55 | お菓子・パン作り | Comments(0)
<< 17. Mai Lille B >>