ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

ブダペスト旅行記5 セーチェニ温泉

ハンガリーはヨーロッパ1の温泉大国。
日本と違い、火山性ではなく地熱性の温泉だそう。

ブダペストと聞いて、パッとイメージが湧かない人も、セーチェニ温泉の写真を見れば『ここかー!』と分かる人も多いかも。
実際、私もそうでした。

日本のメディア等でよく紹介される、チェス盤のある屋外プールがあるセーチェニ温泉
湯温が低く冬はキツイ、というレビューをたくさん見かけたので、最も美しいと言われているゲッレールト温泉に行く予定でした。



が、思いのほか暖かく、昼間は太陽があれば小春日和と感じるほどだったので、『やっぱりセーチェニ温泉に行こう!』と予定変更~。



夕方だと寒くなるからと15時頃の入泉を目指し向かいました。
地下鉄の駅を降りたらすぐに建物が目に入ります。
a0329149_21054907.jpg
市民公園内にあり、道路を挟んだ向かい側には動物園やサーカスもあるので、子連れだったら丸一日ここで過ごせそう。




すぐ近くでフェスティバルをやっていたのでそれを見ていたら、どんどん風が強くなり雲も出てきてかなり寒くなり、急いでカフェへ。
もうどうせ寒いからいつでもいいよね、とゆっくりお茶してから温泉へ。




料金はロッカーと個室のキャビンで異なります。
私達はロッカーにしたけど、普通に綺麗で使いやすかったので、ロッカーで問題無いかと。
土曜だったので少し高く、4700HUF(約2350円)。
ここだけは物価に合わず高いなーと思う。


入泉料を払うと、リストバンドになった鍵が渡されます。
鍵に埋め込まれたマイクロチップで開施錠するシステムなので、どのロッカーでも使用可能。





水着に着替え、持参したサンダルとホテルから拝借したバスローブを袋に入れて、まずは屋外へ!

携帯を持ち歩かなかったので、写真はHPより拝借。
a0329149_21082217.jpg
a0329149_22191544.jpg
上の写真、手前のところが温泉なのでとりあえずここに入ってみたけど、やはりぬるい。
動いていないと寒くなってきたので、屋内へ移動。

覚悟はしていたけど、濡れた体で風の吹く屋外(しかも2月だし!)は半端無く寒い!
すかさずバスローブを羽織って猛ダッシュ!w






屋内は、いくつもの部屋に分かれていて、形や温度の違う浴槽がたくさんあります。
見取り図↓
a0329149_22294896.jpg
低いところだと24℃(これはプール)から、高くても38℃。
でも室内の温度が高いので、38℃だったら十分温まりました。




a0329149_22293034.jpg
この写真だと、とても素敵な感じですが、、、、





冬で寒かったせいもあるのか、


屋内の浴槽はどこも人、人、人だらけ!





まさに芋洗い状態(汗)





そして、ものすごく硫黄臭い。
公式HPに『14歳以下の子供は温泉に入らないことを勧める』と書いてあったけど、泉質のせいかな。

友達も、体が痒くなってしまった子が一人いました。私はなんともなかったけど、臭かったw



私は入らなかったけど、サウナも何部屋かあり、どこも55℃ぐらいなので、程よく気持ちいい感じかな?








そうそう、シャワールームのシャワーが、どれもヘッドが付いておらず、ただの蛇口状態だったのが衝撃だった(笑)






合計1時間半ぐらいの滞在だったかな。
いい経験になりました(^^)










次は2日目食事編に続きます。










★ryoko★















[PR]
by pinsvin | 2015-02-25 11:41 | 旅行 | Comments(0)
<< ブダペスト旅行記6 2日目食事編 ブダペスト旅行記4 買い物編 >>