ブログトップ

Mitt liv i Norge

mittliv.exblog.jp

Beboerparkering

今住んでいる場所は、地下鉄駅にも近いという理由で選んだものの、この数年は車通勤しています。
職場に行くには地下鉄からバスかトラムに乗り換える必要があり、なんだかんだでドア⇔ドア50分ぐらいかかる。
車だと15分程で着くので、もうやめられない。笑。
会社の周りはどこも路上駐車可能区域なので、駐車場にも困らないし、何の問題もなくここまで来ました。

が、この5-6年で、環境問題対策から電気自動車の優遇を進めてきたノルウェーだけど、今度は交通問題から車規制が始まり。
電気自動車の優遇も、場所によっては一部消えたりと、今後どうなっていくのか。
そんな中、オスロ市が掲げる、街中車ゼロ計画の一環で、始まったのがBeboerparkering(居住者駐車場)
これまで路上駐車可能区域だったところが、その周囲に住む住民だけが駐車できる区域に変わるの!
住民が利用するためには市に申請する必要があり、利用料は年間3000kr(約4万2千円)。
企業も申請することが出来るけど、適用されるのは会社専用車のみ、しかも業務内容で車を使う必要があるという明確な理由が認められた場合に限る、という厳しい制約が。当然、従業員や顧客のための申請は不可。


Beboerparkeringが既に導入されている地域、そして今後導入予定の地域に色付けしたのがこちらの地図。
中心のほぼ全域なんですが…
a0329149_17470049.jpg
で、私の職場もこの地域内にもろに位置しておりまして。
一足早く、昨日よりこの制度が適用されてしまった!



11月20日から開始というのは調べて知っていたけど、金曜退社時は何の変化も無かったので忘れてました。
が、昨日出勤したらそこかしこに新しい交通標識が。
a0329149_16410140.jpeg
許可のある住民以外は、9時から20時の間は有料で駐車できる、という意味。時間外の20時から9時までは誰でもいつでも無料で駐車可能。

Beboerparkeringには電気自動車は無料で止めることが出来るんだけど、大抵の路上有料駐車場はMAX2時間の制約があるのが普通なので、ここも2時間ごとに車移動する必要があると思って昨日は車移動したんだけど、、、今よく見たらMAX2時間って書いてない!!!


よくある標識がこれ↓『Maks 2 timer』って書いてあるでしょ。
a0329149_17114666.jpg


同じく毎日電気自動車で通勤している同僚に話したら、すぐさまオスロ市に電話確認。
電気自動車は好きなだけ、無料で駐車可能との返事を頂きました~(^0^)/♪♪♪
思わず2人で小躍りして大喜び。笑。


これつまり、これまで路上駐車していた居住者以外のガソリン車がここから消えるわけだから、今まで以上に駐車場所を見つけやすくなるし、願ったり叶ったりだわ。



電気自動車買って本当に良かった!笑。












★ryoko★








[PR]
# by pinsvin | 2017-11-21 08:51 | ノルウェー | Comments(0)